期間工

期間工の節約術【家計簿をつける】

まいど、もっちゃんです。

せっかく期間工をしているのに、なかなか貯金できない。お金が増えない。

「家計簿」はそんな悩みを解消してくれます。

貯金を増やす方法は2つある

期間工の皆さんは日夜仕事に励み、蓄財に励んでいることと思います。なるべく多くのお金を残そうと思ったら主に2つ方法があります。

収入を上げる

残業をたくさんしてお金を稼ぐという方法です。また、土日などにコンビニやスーパーでアルバイトなどの副業をして本業以外から収入を得る方法もあります。
会社でいうところの「売上を上げる」に相当します。

支出を減らす

毎月の支出に無駄がないかをチェックして、削減できるものについては削減します。この時、固定費を見直すことで収支が大きく改善して生活がグッと楽になります。
会社でいうところの「支出削減」に相当します。

本日紹介する、もっちゃん流家計簿術を使えば支出の無駄の把握が把握できるようになり、貯金を増やすことができるようになります。

家計簿をつけるコツ

家計簿をつけるコツは、毎日つけることです。1日でもサボったり、忘れてしまった日があると「ま、いいか」となって、気づかないうちに家計簿をつけなくなってしまいます。
家計簿つけ始めたときは大変かもしれませんが、習慣になってしまえば、何も考えることなく歯磨きをするように家計簿をつけることができるようになります。

もっちゃんの家計簿

こんな感じです。

月単位の家計簿

日単位の家計簿

グラフを使って家計簿を有効活用する

せっかく家計簿をつけ始めたなら、ぜひグラフを活用してみてください。ノートなど、紙に書いたり、iPhoneのメモアプリに入力している場合はグラフを作るのは面倒ですが、エクセルで家計簿をつけている場合、グラフを作るのはとても簡単です。簡単なのに、節約効果抜群なので、エクセルで家計簿をつけ始めたら是非グラフも活用してみてください。

グラフなしの場合

数値しか見えないので、使いすぎなのかどうなのかがイメージしづらいです。

グラフありの場合

グラフなしだと数字でしか現状を把握することができません。目標の値から実績の値を差し引きすることでマイナスになれば「ああ、つかいすぎたな」とか「目標達成できなかったな」と後で気づくことはできますが、事前に気づきにくいです。

家計を管理する上で、使いすぎてしまう前に把握することはとても重要です。そのため、使いすぎてしまう前に状況を把握しやすいグラフがとても役に立ちます。

グラフにしておくと、数値を入力するたびにグラフが変化します。赤の折れ線は予算のラインで、青の棒グラフは実績の値です。

例えば食費の場合、食費として入力するたびに、食費の青い棒がぐんぐん伸びて、赤の折れ線グラフに近づいていくのが視覚的にわかります。そのため「やばい、そろそろ使いすぎだ。予算のことを考えると今月はもうこれくらいしか使えないな」と予算オーバーしそうになることに、事前に気づくことができます。

家計簿は学生の頃からつけていましたが、グラフは全く活用していませんでした。去年の末頃からグラフを活用し始めましたが、節約にとても役立っています。特に食費の管理に役立っています。

家計簿をつけるのが面倒な場合

家計簿をつけるのは面倒くさい。でも貯金はしたい

そう思っている方もいることでしょう。そんな方におすすめなのは、通帳で管理できるようにすることです。すべての取引を一つの口座にまとめてしまえば、自分がいくら稼いで、いくら使ったのかがわかるようになります。

メインバンクを1つ決めて、そこに給料を振り込んでもらいます。クレジットカードの引き落とし、奨学金、ローンの支払など、すべてその口座で取引を行います。あとは、月初と月末、もしくは給与振込日と給与が振り込まれる前日の残高を比較することで、お金が増えているのか、減っているのかを確認します。

もし減っているようであれば、赤字です。自分の稼いだ額より多くのお金を使っていることがわかります。そこまでわかれば、何に、どれだけのお金を使っているのかを分析して、不必要なものは削ります。そうすれば、自然と貯金できるようになるはずです。

まとめ

貯金がなかなかできずに困っている期間工の方は、家計簿をつけてみてください。家計簿をつけることでお金の使い方にメリハリをつけて、必要なものには躊躇なく支払いをして、無駄なものはカットする、こういった習慣が身につくようになります。

家計簿をつけることで貯金しやすくなるのは間違いありません。実際、僕は食費を月間1.5万〜2万円ほど削減することに成功しています。

貯金ができないと悩んでいる期間工のあなた。家計簿をつけて、目標のために毎日少しずつでも貯金を積み上げましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です