書評・読書感想

高卒製造業という低属性からでも経済的自由を手に入れる方法

こんにちは、もっちゃんです。

以前から気になっていた本を購入しました。

ふんどし王子さんの

高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

です。

voicyという音声メディアでサウザーラジオという番組を聞いたことがきっかけで不動産に興味をもちました。その後、アマゾンで不動産投資の本を調べているときに、この本を見つけました。

この本を読んで、高卒製造業という低属性からでも経済的自由を手に入れる方法はあるんだと勇気をもらいました。低属性だけど、幸せになりたい。一生を会社に捧げて終えるなんて嫌だ! そう考えている人におすすめの本です。

なぜこの本を手に取ったか

僕自身が低属性なので、そんな僕でも不動産収入を得て、幸せになる方法が知りたくてこの本を手に取りました。株のデイトレードやブログ・アフィリエイトなど、ちょっとかじってみては自分に合わないかも思い、全て中途半端になっています。なんとかこの不動産で成功させたい。そんな思いがありました。

不動産を持つまでは大変だけど、一度不動産を持ては家賃収入を得ることができる。そうすれば、理想としている経済的自由に近づくことができます。

この本のポイント【重要】

お金で幸せになることはできないが、お金があれば8割方の問題は解決する

幼少期の貧乏体験からお金があれば、家庭内の不幸のほとんどは解決できるとふんどし王子さんは考えました。この意見には賛成です。もっと言うと、お金があれば9割5分くらいの問題は解決できると思っています。

僕の父は地元の中小企業の取締役です。数年前に昇進しました。年収は800万円で車とガソリン代は会社から支給されるのでかなりいい待遇だと思います。

父が昇進して給料が上がってから、父と母の喧嘩はとても少なくなりました。特にお金に関する喧嘩がなくなりました。

この経験から僕もお金があれば大抵の問題は解決できるのだと思うようになりました。

雪だるまの核となる種銭を作る

  • 毎月一定額貯金する
  • 無借金で中古車に乗る(マイカーローンなど利用しない)
  • 実家から通う(家賃節約)
  • 3年間は囚人だと思って金を貯めまくる

まず、貯金で作った300万を何につかおうか?
車を買うとか、バイクを買うとか、そういうことは考えませんでした。なぜなら、これは、雪だるまの核となるお金。軍資金です。
このお金で金の卵を産むニワトリをつくらなければいけないのです。

ふんどし王子さんのすごいところは、21歳という若さにして金持ちになるために一貫した行動がとれていたことです。21歳の若者が300万円も手にしたら、旅行したり欲しい車を買ったり、散財しそうなものですが、ふんどし王子さんはそうなりませんでした。「金持ちになる」という断固たる決意があったからです。

短期トレードはやらない

ふんどし王子さんはこの300万年でFXトレード開始しました。FXトレードで一気に金持ちになろうとしたのです。しかし、2008年のサブプライムショックで全額溶かしてしまいます。

僕がもし同じ立場だったら、もう二度と立ち直れないかもしれません。10代後半から20代前半の3年間必死に節約して、お金を貯めたのに、そのお金が泡のように消えてしまった。こんなことなら最初から貯金なんかせずに、欲しい車を買ったり、友達と旅行して楽しんでた方がずっとマシだ。

そう考えて、貯金は辞めて、好きなことにお金を使いそうです。しかし、ふんどし王子さんは違いいました。

本を読んで、ある程度不動産の知識を頭に入れたら「メンタルブロック」をはずすためセミナーや勉強会に参加する

セミナーや勉強会に参加することで「不動産は金持ちがするもの。自分には無理」という考えをなくします。普通のサラリーマンが不動産投資を成功させている姿を実際に見て、話しを聞くことで、「自分にもできるかも」と思えるようになります。

実際に自分と同じ富山県に住んでいる人たちが、自分の目指す本業以外の収入を得て、豊かになっているという実態を目の当たりにしたことで、不動産投資に対する可能性とチャンスを実感することができました。

最初は小さく始める

大事なのは”退場しない”ことです。

株と同じですね。退場してしまえばもう投資家として市場に参加することはできません。失敗したとしても、ダメージを最小限に抑えて、失敗した経験を活かして再度チャレンジできる環境を整えておくことが重要です。

メインバンクを利便性の高いネット銀行ではなく、あえて信用金庫を選ぶ

これは盲点でした。僕は大学生の頃からずっとネット銀行を使ってきました。振込手数料が無料だったり、入出金手数料がかからなかったり、都銀やほかの銀行に比べて圧倒的に使い勝手が良かったからです。もともと都銀をメインバンクにしていましたが、ネット銀行ができてから、都銀を使うメリットがみつかりませんでした。

しかし、ふんどし王子さんは信用金庫を利用することをお勧めしています。理由は、信用金庫は都銀に比べて対応が柔軟で、個人や自営業者にやさしいからです。

確かに、言われてみればその通りです。僕の友人が昔信用金庫に勤めていました。その時の話を思い出しても個人や自営業の味方であることは間違いなさそうです。

なので、僕はこれからメインバンクをネット銀行から信用金庫に変えます。給与振り込みやクレジットカードの引き落としを信用金庫にすることで、信用金庫側からお金の流れが見えやすいようにします。そうすることで融資の際に少しでも有利に働く状況を作ることができます。

低属性から初めて、お金持ちへの階段を上る「大家さん仲間たち」紹介!

以下大家さんの紹介は本に記載されていたふんどし王子さんの大家さん仲間です。大家さん達の経歴やプロフィールを見ていただくことで、「僕にも、私にも不動産投資できるかも」と興味を持っていただけると思います。

一人目

パワハラ社長の下で血尿を出しながらのサラリーマン生活
メルカリで自己資金を貯めたクレイジーマインドの持ち主・ポールさん

ツイッター
@crazymind_poul

プロフィール
名前:ポール(33歳)
職業:サービス業
学歴:大卒
投資歴:3年

二人目

中古RC物件で死にかけるも、都会の投資家に売却してサバイヴ!数々の苦難を乗り越え夢を叶えた

プロフィール
名前:グッチー子沢山(32歳)
職業:会社員(製造業)
学歴:高卒(ふんどし王子と、入学式で席が前後)
投資歴:5年

三人目

区分→中古アパート→新築アパートの王道で家賃年収2500万円
ふんどし王子のブログを3回読んだPP大家さん

プロフィール
名前:PP大家(34歳)
職業:事務員
学歴:Fランク大卒
不動産投資歴:3年9カ月

四人目

得意のペンキ塗りを通じて不動産投資の知識を吸収
1年目の失敗を見事にリカバリーしたペンキ屋ぺんちゃん

プロフィール
名前:ペンキ屋ペンちゃん(31歳)
職業:建築塗装
学歴:高卒
不動産投資歴:2年4カ月

五人目

戸建て、アパートからシェアハウス、ホテルまで
大学卒業と同時に不動産投資家になったチャケウピーさん

プロフィール
名前:チャケウピー(30歳)
職業:自営
学歴:大卒
不動産投資歴:8年

六人目

ギリギリの生活だけど、もう一人子供が欲しい!
ふんどし王子と波乗りニーノさんとの出会いが人生を変えたやまとさん

プロフィール
名前:やまと(39歳)妻と子供3人の5人家族
職業:工場で三交代勤務
学歴:大卒だが、ふんどし王子よりも年収は低い

まとめ

僕が現段階で参考にできるなと思ったのは上記で記載した部分です。本には物件選びのポイントや、融資を受ける際のポイントなど不動産投資に必要な事項が多数記載されていますが、僕はまだ参考にできる段階ではありません。今の僕に必要だったのは、実際に低属性から大家さんとして成功した人の体験談や、やれば自分でもできるんだと思えることです。

高卒製造業という低属性でも不動産投資をして経済的自由を手に入れて幸せになることができます。

この本を読むことで勇気をもらいました。そして、ただの理想が輪郭を帯びて実現する様が想像できるようになりました。

学歴もなく、工場に勤めている人でも、幸せになる権利はありますし、その方法はあります。

出だしのこの文章にすごく共感しました。というのも、恵まれたホワイト企業で働ける人はほんの一握りです。僕は今までアルバイトを含めて11以上の企業で働いたことがありますが、ほとんどブラックです。ホワイトだと思えたのはデンソー1社のみです。そのデンソーでさえ仕事内容だけを切り取ってみれば、単純作業の繰り返しで気が滅入ることがあります。

低属性からホワイト企業への就職は困難です。そうなると低属性の人間は、もう一生奴隷のような労働をするしか選択肢がないと思われます。全員がそうなるわけではないですが、僕の経験からいって、そうなる可能性が非常に高いです。

しかし、この冒頭の文章で救われました。正しい方法で不動産投資を行えば低属性でも奴隷労働から解放されて経済的自由を手に入れ、幸せになることはできるのだと思いました。

低属性から経済的自由を手に入れて、人生の主導権を会社から自分に取り戻したいと思っている人におすすめの本です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です