プログラミング

【悲報】2回目のプログラミング挫折

こんにちは、もっちゃんです。

実は、、、東京で通っていたプログラミングスクール退会しました(T_T)
強烈な挫折感を味わっています。期間工からwebエンジニアになって人生逆転させようと、息巻いてプログラミングを学んでいました。しかし、1ヶ月で見切りをつけることにしました。

プログラミングスクールを退会して実家に戻ると決めた理由は下記の通りです。

カリキュラムについていけなかった

1度目の挫折でも書きましたが、事前学習の時間が短かったため、基礎が身についていませんでした。その状態でプログラミングスクールのカリキュラムについていくのは困難でした。

プログラミングスクールに通って1度目の挫折 元デンソー期間工のもっちゃんです。デンソー期間工を終えて意気揚々と東京にやってきました。「さぁこれからゴリゴリプログラミングを学んで...

それと、僕の個人的な感想ですが、プログラミングスクールのカリキュラムは文字での説明が多く理解が難しかったです。無料オンライン学習サービスのprogateやドットインストールは初心者向けでわかりやすいです。

今のペースで学習を進めても10ヶ月後にカリキュラムすべてを終わらせている自分できませんでした。

カリキュラムが自習形式で自分に合わなかった

僕の通ったスクールではほとんどの時間が自習です。スクールには自習するための教室があり、そこで各々学習を進めます。わからないことがあれば、その都度メンターに質問して、問題を解決するというスタイルです。

僕はこの自習形式が苦手だということに気づきました。学校のようにメンターがカリキュラムに沿って授業を進めるという形式の方が僕には合っています。

運良くwebエンジニアとして就職できたとしても、会社の求める成長速度についていく自信がなかった

もともとは4ヶ月で卒業して就職を目指すコースに在籍していました。しかし、3日ほど経過して「これはマズイ。ちんぷんかんぷんだ」そう感じて退会する旨を伝えました。すると、スクールの方々が親身になって相談にのってくださいました。そして「まだ決断するには早いのでは?」と言われました。そこで、僕は4ヶ月から10ヶ月で卒業を目指すコースに変更することにしました。

4ヶ月で卒業するペースについていけないのであれば、学習時間を10ヶ月に伸ばせば大丈夫だろう。そう考えました。しかし、実際に変更してみて10ヶ月でも卒業できる気がしませんでした。

webエンジニアとして入社すると会社が求める速度で成長しなければなりません。会社としては、年間400万円支払う価値のあるエンジニアとして育ってもわらないと困ります。

しかし、僕はその会社の求める成長スピードについていける自身がありませんでした。実際、4ヶ月で卒業しなければいけなかったところ、無理だと判断して10ヶ月で卒業するコースに変更しています。

今は学習の段階なので、ある程度成長するスピードを遅くしたりと自分で調整することができますが、入社するとそうはいきません。そう考えると決断は早いほうがいいと判断しました。

それまで費やした時間とお金が無駄になってしまう

運良く10ヶ月後にwebエンジニアとして就職できたとします。しかし、会社の求める成長速度についていけなかったり、新しい技術についていくことができなかったりして、「やっぱり自分には向いてなかった。辞めよう」となると、それまで費やした時間とお金が無駄になってしまいます。

もちろん、それは結果論なので、そうなったらなったで仕方ないです。しかし、今の学習の段階でそうなる可能性が高いと考えているのであれば、今見切りをつけて方向転換した方がいいと感じました。

プログラミングスクールを辞めるにあたって参考にしたサイト

プログラミングの学習に行き詰まってから、それまでは検索したことのないようなキーワードで検索しました

プログラミングスクール 挫折

プログラミング 向き不向き

プログラミング 適正

これらのサイトがとても参考になりました。

こうやっていろいろなサイトを見た結果、プログラミングには向き不向きがあって、僕には向いてなかったのだという結論に至りました。

世の中にはいろいろな仕事、職種があります。営業、経理、総務、マーケティング、企画、設計などなど。そして、それぞれの仕事に向き不向きがあります。営業が得意だけど経理は苦手という人もいれば、経理は得意だけど、営業は苦手だという人もいます。

そう考えれば、プログラミングにも向き不向きがあると考えるのが自然ですね。

そして僕にプログラミングは向いていないと判断してプログラミングスクールを退会することにしました。向いてないことを続けても、本人も、雇い主の会社にとっても不幸な結果になってしまいます。

まとめ

プログラミングには向き不向きがあり、僕にプログラミングは向いていなかったので退会しました。

それでも、プログラミング学習は続けます。僕はプログラミングレベル90、正社員雇用の年収400万以上webエンジニアになることは諦めましたが、プログラミングレベル30でwebサイトのコーディングができて月5万くらい稼げるレベルにはなれると考えています。

webエンジニアになることは諦めましたが、プログラミングの学習は続けて、月5万円稼げるようプログラミング学習を続けます。

POSTED COMMENT

  1. デンソー期間工 より:

    ブログ拝見してます。
    コメント失礼します。
    途中で辞めた場合、
    スクール費用は返還されるのでしょうか?

    • mottchan より:

      ブログ読んでいただきありがとうございます。
      はい。僕の通っていたプログラミングスクールの場合、入学金を差し引いた金額のうち、未消化の部分が返還されることになっています。約60万支払いましたが、そのうち10万円は入学金なので返還されません。残り50万円のうちサービスを受けた分だけ差し引かれて返還されます。
      プログラミングスクールによって費用や退会するときに返還される対象となる部分が違うので、入会される際にはよく検討することをお勧めします。入会するときはやる気満々で、退会すること考えないと思いますが(僕がそうでした)挫折して退会する可能性も考慮しつつプログラミングスクールを探すのがいいと思います。また、過去記事でも書きましたが、プログラミングスクールに通う前にプログラマーの適性があるかどうかを確かめることと、progateやドットインストールで独学することを強くお勧めします。もっと学びたいと思ったら、その時はじめてプログラミングスクールに通うことを検討するのがよいかと思います。

  2. デンソー期間工 より:

    ご返信ありがとうございます。
    中々の大金なので、返金されるようで良かったですね。

    確かにプログラミング自体に興味が持てるかどうか、
    向き不向きなども考慮する必要がありますね。

    今後の進路についてはどうされるのでしょうか?
    もうデンソー期間工は考えてないですか?

    • mottchan より:

      はい。しっかりと返金制度があるところを選んで正解でした。
      とても重要だと思います。なんでもそうですが、小さく初めて、うまくいけば注力するというやり方がいいですね。
      今後の進路はまず就職しようと考えています。就職する職種や業界は現在いくつかプランがありますが、どれを選ぶか検討中です。動きながら考えます。
      今すぐにデンソーの期間工に戻ることはありませんが、いずれは戻る可能性も全然あると思います。しっかり稼げるデンソー期間工は魅力的ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です