期間工

【失敗談】期間工のもっちゃん、車選びで後悔したこと

こんにちは、もっちゃんです。

期間工をするとなると田舎で生活することになります。
田舎での移動は車必須です。車の購入を考えている期間工の方もいらっしゃると思います。そこで、僕が初めての車選びで気づいたこと、失敗したことをお話します。

とにかく安い車を探す

まず、カーセンサーやグーを使って車を探します。僕は絶対に30万円以上使いたくなかったので、「支払総額」30万円以下で車を探していました。

そして最終的にこちらの格安自動車に決めました。

支払総額は15万円でした。安いですね(・∀・)ニヤニヤ

これはダイハツのムーヴという車です。

走行距離:10.4万キロ
修理歴:なし
車検整備付き
初年度登録:平成15年
MT5速

なぜそこまで「安さ」にこだわるのか

車は、購入、維持にとてもお金がかかるからです。自由にお金を使うのは、お金がお金を生み出すようになってから、もしくは、フリーランスになってお金と時間のバランスを自分でとれるようになってからと決めています。

仮に期間工として3年働くと、安く見積もっても600万は貯金できます。もし300万で新車を購入してしまうと、貯金は300万しかできません。しかし、30万の格安自動車を買うことで570万円も貯金できます。貯金570万円と、300万円、全然違いますよね?

【悲報】格安自動車のマフラーがもげる

そんなポンコツ車かうからだよ。

そういった声が聞こえてきそうです。はい、そのとおりです(笑)それにしても、車検を通してこんなにすぐに車が壊れるとは思っていませんでした。だって、車検を通るってことは、販売店がしっかり点検して、なおかつ陸運局という国の機関が「この車は道路を走っても問題ありません」とお墨付きを与えるということですよね。車検の有効期間は2年です。車検を通してたったの3ヶ月程度でマフラーがもげるとはまったく想像していませんでした。

購入した店舗に持っていって修理してもらいました。最初は修理費用がかかると言われ、「それなら修理しなくていいです」と言いました。そして、レビューを書きました。

買って3ヶ月でマフラーがもげました。

するとすぐに購入店舗から電話連絡がありました。「お兄さん、マフラーの修理代いくらかかるか知ってるぅ?」僕は正直「は?」と思いました。なんなんだ、この上から目線は(笑)その時「修理費用は3000円なんですよ」と言われました。たしかに安いですが、なんであんなに上から目線だったのかはわかりません。

最終的に向こうから「やっぱり無料でいいよ」と言ってきたので、修理代はかかりませんでした。

 

【悲報】再び格安自動車のマフラーがもげる

前回はマフラー先端部がもげたので、先端部だけを取り替えてもらいました。すると、今度は中間部がもげました。

前回修理してもらってから10日経たないうちにまた壊れました。

車を購入したお店が他県にあったので、自宅から1時間30分かけてまた修理にもっていくのがとても面倒でした。今回はサイレンサーより前がもげたせいで、見た目は格安自動車なのに音だけは「ブロロロロロロ」といっちょ前にアメ車みたいな音になりました。

また1時間30分かけて修理に出しました。

格安自動車を買って気づいたこと、確認したほうがいいと思ったこと

初めての車購入が中古車でとても勉強になりました。今回の失敗から、中古車購入する上で気づいたことありました。

ウィンドウボタンはきちんと動作するか

通常、運転席のウィンドウボタンは2段階あって、半分上に上げると半自動、半分より上に上げると、自動で扉が上に上がります。僕が買った格安自動車はこの半分の場所が微妙に壊れていて、自動、半自動の調節がうまくできませんでした。

社内に排気ガスの匂いがしないか

マフラーに異常があったため(購入後にわかった)、排気ガスをうまく排出できず、車内に逆流していました。購入したのが6月くらいで窓を開けて走れる季節だったのでよかったのですが、冬だったら寒すぎて窓を開けて走れません。

いくら格安自動車といえど、排気ガスを吸い続けるのは健康にもよくないので避けたいですね。

車の下側に潜って状態を確認する

車に関して素人だと判断が難しいですが、車の下も見ておいたほうがいいです。マフラーの故障がきっかけて車の下側を見ましたが、結構錆びて腐食が進んでいました。雪が降る地域で乗られている車は、融雪剤の影響で腐食しやすくなっています。そのあたりも確認しておいたほうが良いでしょう。

販売店がどうやって利益を上げている店なのかを観察する

僕が格安自動車を購入したこのお店はタダ同然で車を仕入れて、そこに車検代を上乗せして利益を出すというビジネスモデルだったと推測されます。タダ同然で仕入れられた車は、状態がよくない可能性が高いと思います。そうなると普通の中古車より故障する確率が高くなります。
だから安いのかもしれません(;´Д`)

僕が格安自走車を買ったお店では、他にも格安自動車が展示されていました。

格安自動車ばかり取り扱っています。こういったお店は、タダ同然で車を仕入れて車検代で稼いでいる可能性が高いです。

支払総額ー仕入れ代金ー人件費=利益

となるので、支払総額15万円だった場合、車の仕入れ代金が仮に10万だったとすると、人件費を除きほとんど利益が残りません。そう考えると車の仕入れ代金は0に近いほど儲かるということになります。

チェック項目まとめ

車で事故を起こしたら命に関わります。格安自動車を狙いつつも、重大な事故につながるような故障の可能性のある車は避けたいですね。もし友人や知人に車の整備士の仕事をしている人がいれば、一緒に車選びをしてもらうのがいいです。

このサイトに、中古車を買う前にチェックしておいた方がいい事項がまとめられています。チェックシート付きでとても便利です。このチェックシートにかかれている事を確認してから購入すれば、ハズレを引く可能性も低くなるでしょう。

中古車選び当日にはチェックシートを持参して、チェックシートに記載されている事項をしっかり確認して、なるべく程度のいい格安中古車を手にれましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です