期間工

タトゥー・刺青があるとデンソー期間工になれないのか?【運次第】

こんにちは、もっちゃんです。

今日は「デンソー期間工として働きたいけど、タトゥー・刺青が入っているから働けない」と思っている方の悩みにお答えしたいと思います。

結論からいうと「入社できる場合もあれば、できない場合もある」【運次第】ということです。

デンソーはタトゥー・刺青にとても厳しい

まず、ネットで調べてみてもデンソーはタトゥー・刺青にとても厳しい会社であることがわかります。逆にホンダはタトゥー・刺青に寛容みたいですね。デンソー期間工時代に同じ職場で働いていた男性はホンダで2年9ヶ月期間工をしていました。ホンダで期間工をしていた時、タトゥー・刺青が入った期間工をたくさん見ていたそうです。ネットで検索してみてもホンダはタトゥー・刺青に寛容であることがうかがえます。

デンソーでは沖縄から出稼ぎで若い女性がたくさん働きに来ていますが、最近は数が減ってきているという話を聞きました。一つの要因としてタトゥー・刺青のチェックが厳しくなったからではないかと考えられます。

本当はデンソーで働きたいけど、「タトゥー・刺青があるから」ということでアイシンで期間工をする女性が結構いるみたいです。この話はデンソーで期間工をしているときよく聞きました。

タトゥー・刺青はどうやってバレるのか?

健康診断の際に見つかります。健康診断のときに上半身裸になって検査を受けますが、その際にタトゥー・刺青があると入社できずに帰宅することになります。タトゥー・刺青があると入社できないことは面接でもはっきりと言われます。健康診断で異常が見つかったり、タトゥー・刺青があると入社できずに、そのまま帰宅することになります。

タトゥー・刺青があると「絶対に」デンソー期間工として働けないのか?

絶対に働けないということはありません。なぜなら、僕はデンソー期間工として働いていた時、何人もタトゥー・刺青がある人を見たことがあるからです。今回のデンソー期間工中は3人タトゥー・刺青が入っている人をみました。1人目は腕に、2人目は手首内側に、3人目は強烈なタトゥーが両足に入っていました。

実際に働いている人を見たことがありますので、「絶対に働けない」ということはありません。ただ、難しいとは思います。健康診断の時にうまく隠す必要があります。

タトゥー・刺青を隠す方法はないのか?

あります。2018年7月23日テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)のトレたまで紹介されていました。

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
【トレたま】タトゥー隠し専用スプレー
※動画を見るにはテレ東ビジネスオンデマンドに登録する必要があります。

僕はテレ東オンデマンドを契約していたので、その時にオンデマンドで視聴しました。近年外国人旅行客が増えていますが、タトゥーをしている外国人が多くいて温泉に入りたくても入れない外国人がたくさんいます。

せっかく日本に来たのだから温泉に入りたい。でもタトゥーがあるから温泉に入れない。

そんな悩みを解決するためにこのタトゥーを隠すためのスプレーが開発されました。

Youtubeに使い方と商品購入のためのリンクも記載されているので興味がある方はYoutubeも見てみてください。

タトゥー・刺青がある人をデンソー内で見かけて個人的に思ったこと

圧倒的威圧感ですw

特にやべぇな…って思ったのは両足にタトゥー・刺青を入れている男性を見た時です。
この画像が参考になります。

この画像の男性は右足ふくらはぎ全体にタトゥーがありますね。僕がデンソーの寮内で見た男性には、両足の膝下全体にタトゥーが入っていました。この画像の5倍くらいイカついです。

タトゥー・刺青があり、それでもデンソー期間工として働きたい時の注意点

タトゥー・刺青があるけど、デンソーで働く際に注意すること。それは謙虚な態度でいることだと思います。横暴な態度を取らないとか、寮内で定められたマナーを守って周囲に気を配りながら生活、仕事をすることです。

ただでさえ、タトゥー・刺青=怖い、ヤクザ、不良、反社会的、などとても悪いイメージがつきまといます。海外ではそんなことはないと思いますが、日本では未だにタトゥー・刺青の印象はよくないです。

だからこそ、デンソーもタトゥー・刺青がある人の入社を禁じています。それを理解した上で入社するのであれば、刺青がない人以上に気をつけて生活したほうがいいです。

仮に、寮内でマナーの悪い行動をとり、口論になったり殴り合いの喧嘩になったりした時、タトゥー・刺青があると「ほら、やっぱりね。そういうやつなんだよアイツは」ということになりかねません。

僕がデンソーの寮を退寮する時、寮監さんにアンケートを書いて欲しいといって紙をわたされました。「どんなことでもいいから気になったことがあたったら書いてね」と言われました。「そこでタトゥー・刺青が入ってる人がいるんですが、そういったことを書いてもいいのですか?」と聞いたら「いいよ。それも書いてくれれば本社人事が見て判断するから」と言ってくれました。

実は両足にイカついタトゥー・刺青が入っている人のことは寮監さんも知っていました。「もう入社を認めてしまってるし、いまさらダメなんて言えないしねぇ」と言います。

寮監さんの話によるとその両足にタトゥー・刺青がある男性は周囲に気を配っているとのことでした。大浴場での入浴時間も遅めにはいるなどして人の少ない時間に入るよう心がけていたそうです。

僕は大浴場が混雑していた時間帯に、彼を何度もみていたので、「ほんまかいなw」と心の中で思っていましたが、少なくとも寮監さんに悪い印象は与えていないようでした。

寮管さんには「君がタトゥー・刺青のことを書くことで本社人事の人がそのことを知れば、もしかしたらより厳しいタトゥーの検査がされるようなったり変化があるかもしれない。だから遠慮せずに書いていいんだよ」と言ってくれました。おそらく本社人事の人が知ればなんらかの対策がとられるのは間違いないでしょう。しかし、この時僕はあえて書きませんでした。本当は書くつもりだったんですけどね。

「若気の至りみたいなものでやってしまったのだろう。このタトゥー1つで、デンソーで働けなけなくなるのも可愛そうだな」そう思って書くのをやめました。

まとめ

タトゥー・刺青があってもデンソー期間工になることはできます。実際にタトゥー入ってる人たちを僕は見ましたから。でも、何かしらの工夫が必要です。

僕はこのタトゥー隠しスプレーを紹介することで、タトゥー・刺青が入っていても安心してデンソー期間工として働けるよ! ということを言いたいわけではありません。

本当はダメだけどどうしても…、と言うなら、仕事をちゃんとやって、寮での生活でもマナーを守って、周囲の人を威圧しないように気を配るならタトゥー・刺青があっても期間工としてうまくやっていけるんじゃないかと思って、記事にしました。

デンソーではタトゥー・刺青は禁止されているけど、タトゥー・刺青があるからといって絶対に入社できないわけではありません。タトゥー・刺青があるけどデンソーで期間工がしたい人は「こんな方法もあるんだ」ということを頭の片隅においておいてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です