トヨタ自動車期間工を3ヶ月で退職してデンソー期間工になった結果

幸福度が200%UPしました。

私はトヨタ自動車の期間工として働いている間に、デンソー期間工の面接試験を受けており、退職後ほとんど間をあけることなくデンソーの期間工として再び働き始めました。

デンソーに戻ってきてデンソーの良さが身にしみました。そしてトヨタがいかにshitな職場だったかがよくわかりました。

以前デンソーで働いていいた時とは違う職場に配置されたので、人間関係も仕事も1からですが、全く問題ありません。トヨタ自動車期間工としての地獄のような日々が、まるでうそのようです。

配属された職場の方々はいい人ばかりでとても親切に仕事を教えてくれます。トヨタ自動車期間工として働いていたときのチームリーダーとは雲泥の差があります。
また職場上司である係長もとても良い方です。私は期間工としてはもっとも稼げない常昼勤務の職場に配置されてしまいましたが、係長に相談したところ、「しばらくは我慢してもらうことになるけど、早ければ5月中には残業の多い職場に異動させてあげるよ」とこちらの願いを聞き入れてくれました。
また普段の会話の中から私への気遣いを感じ取ることができます。
トヨタ自動車期間工時代の組長とは雲泥の差です。

私の配属された工場は建屋が古いですが、トイレは改装されておりピカピカです。10年前のJRの駅の汚いトイレと同レベルのトヨタ自動車とはまったく異なります。トヨタ自動車はなににおいても「会社ファースト」ですが、デンソーは従業員の働く環境のことも配慮されています。

期間工として働く以上、もちろん貯金が目的ですが、デンソーで働いていると「会社のためにも頑張ろう」という思いが自然と湧いてきます。トヨタ自動車で働いている時は1ミリもそんな気持ちになったことはありませんでした。

職場の設備的な環境や誰と働くかで幸福度がこれほどまで変わるとは本当に驚きです。

期間工をしようか迷っている人がいたら私は絶対にデンソーをオススメします。そしてもしトヨタ自動車で期間工をしようとしている人が私のウソ偽りない体験談を伝えた上で検討してもらいたいと思います。デンソーにもハズレと言われる部署や仕事はあるかもしれませんが、トヨタ自動車よりははるかに少ないと思います。

最短でトヨタに見切りをつけてデンソーに戻って来たことは私にとって大正解でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です