期間工として入社する際の体力測定は絶対に本気でやってはいけない!

トヨタ自動車期間工のもっちゃんです。

今回僕はキツイ工程に配置されました。タクトタイムも気にしなければならず、基本的に全ての操作をミスなく行わなければ間に合いません。
「あれ? 手順とばしてなかった? これであってるっけ?」なんて考える間もありません。無心になって手順通りの動作を、ミスなく素早く行わなければなりません。

正直言って、めちゃくちゃキツイです。デンソーで期間工として2年間働けたのだから、他社でも大丈夫だろうと思っていましたが、とんでもない。トヨタ期間工として2年も続けられる気がしません。今からもうデンソーに戻ることを考えているくらいです。

※2018年3月にデンソーの期間工に戻りました。その結果…。

自分がなぜこの部署に配属されたのかを考えていました。僕が入社した際、多くの男性に混じって2名の女性がいました。男性30数名に対して女性2名だったのでとても目立っていました。内一人の女性は品質管理部に配属されました。工場で会った時に仕事の内容を少し聞きました。仕事は30分に1回の抜き取り検査で時間に追われて仕事をするようなことは全くないと言っていました。羨ましい。女性なので、楽な行程にいけるのはまぁ普通だろうと思いました。

しかし、この品質管理部に男性が2人混じっていました。一人はトヨタ自動車で期間工を2年11ヶ月満了したことのある男性で40代後半くらいです。もう一人は30半ばから40手前の男性です。この男性は見た目が華奢で体力もそんなにあるようには見えません。
この時思いました。やはり、入社時に受けた体力測定でどこに配属されるのかが決まるな、と。

入社日、握力や背筋力を量りました。この時「手を抜いた方が楽な行程にいけるのかな? どうなんだろう? 本当のところはわからないし、とりあえず普通にやろう」ということでMAXの力を込めてやってしまいました。その後、田原配属と宣告されて、あまりにも嫌だったので指導官に「もしかしてさっきの体力測定と配属先って関係あるのですか?」と聞いてみましたが「いや、体力測定とどこに配属されるかは関係ないよ」と言われました。これはたぶんウソだと思います。

おかしい。そう思い一昨日は「トヨタ自動車 期間工 体力測定」や「期間工 体力測定 楽な行程」などと検索して情報を集めました。するといくつかの期間工のブログにたどり着きました。内容を読んでみるとやはり体力測定と配属される部署は密接に関わりがありそうです。僕がバカでした。普通に考えてそうですよね。若くて体力のありそうな人にキツイ工程を、体力のなさそうな中年には楽な工程を担当させるでしょう。
RPGゲームに例えると分かりやすいです。パーティに3人います。3人の攻撃力はそれぞれ100、60、30とします。対峙している敵キャラのHPはそれぞれ90、50、25です。効率よく敵を倒そうと思ったら攻撃力100のキャラがHP90の敵を攻撃、60のキャラがHP50の敵を攻撃、30のキャラがHP25の敵を攻撃とコマンドを入力しますよね? 攻撃力100のキャラでHP25のザコキャラを攻撃したら1ターン分もったいないですよね?
会社が人を工程に配置するときもこれと同じことが言えます。キツイ仕事に耐えられないような人をキツイ工程に入れて、ポンポン辞めていかれるようでは会社としても効率が悪いです。適材適所ですね。

僕は本当に後悔しました。自分はなんてバカなことをしたんだと。僕は今年からウエイトトレーニングをしており、基礎体力はどんどん上がっていました。体重は63キロほどですが、ベンチプレスは90kgを持ち上げられるくらいにまでになりました。デッドリフトは直引きでなければ150kgまで上げれるようになりました。しかし、このウエイトトレーニングで基礎体力を上げたことが裏目にでてしまいました。
体力測定で全く手を抜くことなく全力で取り組んでしまったため、とてもキツイ工程にまわされました。

先日、組長(班長みたいな感じの人)が朝礼で「ウチの部署は人の入れ替わりが激しいです。新人に絶対に怪我をさせないようにしっかりと指導の方お願いします!」と言っていました。
僕は内心思いました。「やっぱりこの部署は人の入れ替わりが激しいのか。そらそうだ。こんなにキツイんだから。人の入れ替わりが激しくならないように作業内容を今より楽にするとか、作業にかけれる時間を今より長くして離職率を少しでも下げたほうがいいんじゃないの?」と。

これから期間工を目指している方に是非これだけは調べて頂きたいです。
・給料
・残業の多い、少ない
・長く続けられるかどうか
★どうすれば楽な工程に配置されるのか

期間工として働こうと考えた時に色々な選択肢があります。トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ技研工業、アイシン精機、デンソー、日野自動車、いすず、などなど、会社によって給料や仕事内容や工場の場所が全然違います。人によって優先順位が違うはずなので、自分の中で優先順位の高いものは確実に満足できるようにしっかりと下調べをして会社を選んだ方が良いです。

また、入社して一度配置されてしまえばそうそう簡単に部署を変わることはないでしょう。長ければ2年11ヶ月働くことになります。楽な工程にいけるか、それともキツイ工程に行くのかで平日の仕事終わりの時間や、土日の充実度がまったく変わったものになります。また、期間工として働く以上同じ待遇です。同じ待遇なら間違いなくキツイ工程より楽な行程がいいに決まっています。

期間工を考えている方は是非ここらへんをしっかりとチェックして、満足のゆく期間工ライフを送って下さい。

僕はとてもキツイ工程に配属されてしまいましたが、6ヶ月満了まではなんとかやり遂げるつもりです。まず6ヶ月を目指して続けられそうだったら1年やるつもりです。もうだめだと思ったら6ヶ月で辞めて別の会社で期間工として働くつもりです。
※2週間で「ここはヤバイ」と悟り最短満期の3ヶ月で見切りをつけてデンソー期間工になりました。

キツイ仕事の中から何か少しでも自分が成長できるポイントを見出して成長の糧にします。そうすることでキツイ工程に配属されて損した分の帳尻を合わせるつもりです。今は会社のためにキツイ工程であくせく働いていますが、もし自営することになったらこの感覚で自分自身のために働くことができるようになるかもしれません。キツイ工程で働くことの数少ないメリットといえるかもしれません。この経験も無駄にせず次に活かします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です