フィリピン旅 4.Uber編

こんにちは、もっちゃんです。

フィリピンの移動で、とても便利なUberの使い方を紹介します。

Uberとはスマートフォンを使った配車サービスです。

昔インド旅行した時、タクシーの運転手との面倒なやりとりが何度もありました。Uberを使えばこの面倒なやりとりがなくなります。

使い方

1.目的地を入力する

2.UberXかPOOLかを選択する。

UberXは自分のためだけの配車で、POOLというのは乗り合いです。POOLを選択すると乗り合いで目的地まで行くことになります。UberXは自分専用の配車なのでPOOLに比べて割高な料金に設定されています。急ぎだったり、他の人と車に乗りたくない場合はUberXを選びましょう。

3.迎えに来て欲しい場所にピンを打つ

3.配車を確定する

配車を確定するボタンを押すと近くにいるドライバーを探します。

ドライバーが決定されるとこのように表示されます。

それらしき車を見かけたらナンバープレートを確認します。ナンバーと車種が一致したことを確認して車に乗り込みます。車に乗ると「◯◯さん?」と名前を聞かれるので、自分の名前を呼ばれたら「YES」と答えて目的地まで連れ行ってもらいます。

乗車中はこんな感じで、自分が今どこにいて、目的地はどこなのかが地図上に示されます。

4.目的地に到着して車を降りる。ドライバーを評価する。

ドライバーのサービスの質に応じて評価します。車内での音楽、会話、道に詳しいか、安全運転を心がけていたかなど総合的に判断して評価します。星は1つから最高5つまであります。僕は毎回評価していましたが、別に評価しなくても問題ないと思います。

※支払いは自動的にクレジットで行われるため、ドライバーにお金を支払う必要はありません。ドライバーの中には降りる際に、「クレジットにする? キャッシュにする?」とさも支払う必要があるように語りかけてくる人がいます。もしそうやって聞かれたら「クレジットで決済済みだよ」と答えましょう。

 

Uberはとても使いやすく魅力的なサービスでした。僕自身が利用する前に、すでにUberを使われている方のブログを見ていたのですが、料金のやりとりや操作方法にやや不安がありました。今回は写真付きで、理解しやすいように心がけて紹介しました。「Uberどうやって使うんだろ?」と思った方は是非こちらのブログを参考にして、利用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です