考え方

実家に帰るという選択

まいど。もっちゃんです。

福岡に住んでいますが、一度実家に帰ろうと思います。

今住んでいる家が自分に合わなかった

これはもう僕のリサーチ不足と、運ですね。今シェアハウスに住んでいます。部屋は個室で、キッチン、トイレ、シャワールームが共同です。僕がシェアハウスを選んだのは部屋探しをする時点で職がなかったため、普通の賃貸を借りるのは難しいだろうと思ったからです。シェアハウスだと信用力が低くても簡単に借りれるだろうと考えました。今考えると預金も十分にあったので、一般的な賃貸を借りることができたと思います。

シェアハウスだとマナーに関する問題も起こりやすいです。深夜22時以降には洗濯機と乾燥機を使ってはいけないというルールがありますが、全く守られていません。トイレの便器がありえない汚れ方をしている時があります。男性が立って小便をする時は、普通便座を上に上げて行いますが、便座を上げずに小便している人がいます。

夜中の話し声がすごく響きます。僕がいるシェアハウスは中国人が多いです。彼らの会話の音はとても大きく、深夜も僕の部屋まで聞こえてきます。

運営している会社のHPを見ると様々な人種の人達が暮らしているように見えます。英語を学びたい、国際交流をしたい、と考えて来る人がいたら、きっと想像と現実のギャップに驚くことでしょう。

家賃が高い

シェアハウスに住んでいますが、家賃は月50,000円です。高いです。僕はできるだけ家賃にお金をかけたくないタイプの人間です。ローンを組んで家を購入している場合、ローンを払い終えれば自分のものになります。しかし、賃貸住宅は払っても払っても何にも残りません。

一昔前までは、ルームシェアの目的は家賃という固定費を下げることが目的だったと思います。また、家具、家電代金も節約することができます。しかし最近はシェアハウスが流行っているため、一人暮らしをするよりも家賃が高いことが増えています。

方向性が固まってきたから

ようやく今後の方向性が定まってきました。30歳を過ぎてようやく、です。これからやろうとしていることがうまくいくまでに時間がかかります。早くて1年、遅ければ2〜3年程度の時間が必要になります。そうなってくると、無収入なのに生活費だけがかかって家計が圧迫されます。

軌道に乗せるために時間がかかります。都市部へ出て働きつつ、自分の計画を進めるのもいいのですが、それだと自分の計画に使える時間が減ってしまいます。実家で生活すればかかる生活費が少なくなるので、働く時間が短くて済みます。かかる生活費が小さいと、生活費を稼ぐための労働も最小限で済ませる事ができまます。

 

 

と、いうわけで5月中旬に福岡を離れて、実家に帰ろうと思います。

福岡は本当にいいところでした。また友達と旅行で訪れたいです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です